オプション

  • ナビ
  • CD
  • 革シート
  • バックカメラ
  • キーレス
  • スマートキー
  • キセノン
  • 禁煙
  • ディーラー車
車両価格 ASK万円
メーカー マクラーレン
車種名 675LT
年式 2017年製
グレード スパイダー
ソリス
ハンドル位置
ミッション 7AT
排気量 3800cc
走行距離 6400km
車検時期 H32年1月
乗車定員 2人
車両寸法 全長:454cm
全幅:191cm
全高:119cm
修復歴 なし

車両詳細

2017y ディーラー車 走行6400km

・フロントリフティング
・パーキングセンサー
・純正ナビ
・バックカメラ
・イエローシートベルト
・キセノンヘッドライト
・カーボンブレーキ
・カーボンPKG
・カーボン製バケットシート
・アルカンターラインテリア
・カラードキャリパー
・675LT専用スポーツタイヤ
「P Zero trofeo R」
・675LT専用フロアマット

スタッフコメント

正規ディーラー車 マクラーレン675LTスパイダーが入庫致しました。

ボディーカラー「SOLIS(ソリス)」はマクラーレンの
メタリックの新色かつ、675LTスパイダー専用色でもあります。

ちなみに最高速は327km/h。クーペに比べるとわずかに劣りますが、
500台があっという間に売れた675LTと同じ
ドライブ・エクスペリエンスを目指すクルマとしては
十分なスピードだと思います。

クーペと同じく、675LTスパイダーは650Sスパイダーよりも100kg軽く
言い換えるとクーペよりも40kgヘビー。

ルーフは電動にて開閉可。リア・ガラスは単独で開閉でき、
ルーフを閉じた状態でも音を楽しんでいただけます。

650Sよりも20mm車高が下がり、フロントのボディ幅が20mm広がり
ダウンフォースが40%高められフロントのスプリング・レートがが27%、
リアが63%高められている点もクーペと共通。

LT(ロング・テールの文字が示すとおり)エアロ・パーツのサイズが大きくなったことで、
ステアリングをマクラーレンP1のそれよりもクイックにしています。

ノーマル・モードのシフト時、瞬間的に燃料供給をカットするシステムも採用されています。
スポーツ・モードでは燃料供給を行うがイグニッションが一時的にストップする。
これは変速スピードが速める工夫であります。
もっとも激しいトラック・モードでは、アップ・シフト時もエンジンをカットしないが、
イナーシャの残りが加速を激しいものにします。
回転の落ちも最低限にする。いつだって675LTは、末恐ろしい加速を披露。

3.8Lのターボによる加給を大きく受けるエンジンも、
その他のマクラーレンに比べるとわずかに刺激的になっており
高回転域でアクセルを深く踏みこむと、
どこかで爆発があったのでは? と思うほどの音が響きます。

あり余るほどのパワーは、リア・タイヤに常に鞭を打ち、
事実、後輪はギャッと悲鳴をあげながらスピンすることもある。
何よりその直後の即座のトラクションの復活にも驚きます。

加速力はかなりのものですが、必要以上に身構えする必要がないのは、
ひとえに675LTの実力といえます。

世界限定500台、発売時わずか2週間で完売したという超希少車が
弊社春日井ガレージにて販売、もちろんご試乗いただけます!
ご来店、お問合せお待ちしております。

ロッソオートスポーツ 052-982-6311 松田

車両画像

この車についてのお問い合わせは以下から

この車両について問い合わせる